ステロイドを使っていると脱毛できない?

ステロイドを使っている人が脱毛するリスク

ステロイドを使っていると免疫力が落ちると言われていますので、感染症にかかってしまうリスクが健康な人よりも高くなるのです。
エステサロンで脱毛する時、脱毛機の照射部を直接お肌に当てます。
これは患者さん毎に交換することはなく、ずっと使いまわしています。
もし他の人が皮ふの感染症にかかっていたとしたら、感染してしまうといったことも考えられるわけです。
エステやクリニックでは、必ず消毒するように徹底されていますが、中には面倒だからといって消毒をせずに何人もの人に対して使いまわしている所もあるんだそうです。
また、ステロイドは光を吸収する能力が高いので、火傷や色素沈着なんかも起こす危険性があります。

 

ステロイドと脱毛のリスク

 

私の体験から

私、アトピーなので、ステロイド軟膏を常用しています。
でも、札幌にある有名な脱毛サロンでvioの脱毛をしたくて。

 

なぜなら・・・ムダ毛の処理でもアトピーが酷くなるから。
アトピーって肌が敏感なので、シェービングや除毛クリームでの処理が難しいんです。
なので、出来ればムダ毛の処理をしなくて良いように、脱毛サロンでvio脱毛をしたかったわけです。

 

ステロイドを使っていても脱毛ができる札幌のサロン

でも・・・脱毛サロンではステロイド軟膏を使っている場合、施術はしてもらえません。

ステロイド軟膏を使用している時に脱毛施術をすると、シミが出来たり、肌トラブルがあったりするからです。

 

しかし少し前に「一応聞いてみよう!」と思って、別の札幌にある某サロンに行ってきました。
そうしたら、意外な解答が!

 

「ステロイド軟膏、数日間、使わないということはできますか?
そうすれば、施術をすることもできます。」
と。
「実際にそれで施術をしている方も、少数ではありますが、いらっしゃいます。」と!

 

ということで、私は施術日の前後3日程度、ステロイド軟膏を使わずに施術に通うことにしました。
1度だけ季節柄なのか、どうしてもアトピーの症状が酷い時があって、その時は施術をお断りされました。
しかしそれ以外は問題なく施術をしてくれて。
今では自己処理もほとんどなく、そのおかげかアトピーの症状が改善してくれました。

 

なので、札幌でステロイド軟膏を使用している方こそ、脱毛をお勧めしますよ!

 

ステロイドという薬について

ステロイドの効能と副作用

ステロイドとはそもそも何なのでしょうか?

ステロイドはアトピー性皮膚炎の治療薬として使われていますが、炎症を抑制したりアレルギー反応を抑えるというような効果もあるので皮膚炎、喘息などの治療のために処方されていいます。
ただステロイドは副作用が強くてあまり印象をお持ちでない方も少なからずいるようですね。ですが正しく利用すれば効果のある良いお薬なんですね。
でもステロイド自体にアトピーを治療する効果はなくて、症状を緩和する働きがあるということなんです。
もう少し具体的に説明しますと、ステロイドには免疫反応を抑ええる働きがあります。
アトピーの場合、体の免疫反応が過剰になってしまうことで炎症が起きてしまいその結果として酷い痒みとかが発生してしまいます。
そこでステロイドを使って免疫反応を抑えることで痒みや炎症が鎮まるということなんです。
そのようなわけでアトピーなどでステロイドを使っている方が脱毛をすることに関しては抵抗があったり、札幌のサロンでも施術を受けられないというケースが出てくるようです。