自分で行うVIOの脱毛ケア

VIOゾーンのムダ毛は、見栄えが悪いから早いうちになくしてしまいたい、目立たなくしてしたい……。
ビキニラインのアンダーヘアーが濃すぎて水着や下着のおしゃれが楽しめない。
そんな理由からVIO周辺の脱毛をする方もたくさんいます。
デリケートゾーンのアンダーヘアはムダ毛を言われるくらいなので、一見すると必要のない毛だと思っている方もいるかもしれませんね。
でもVIOのムダ毛はウイルスや細菌からデリケートの個所を守るたという大切な役目を果たしています。
ただ、多すぎる毛はやはり臭いや雑菌の繁殖を助長してしまいますから、毛の長さや濃さを適度に調整する必要があるので、この観点からして脱毛はとっても有効な方法なのです。

 

札幌のVIO脱毛注意点

VIOのムダ毛処理を自分でする方法にはいくつかあります。
カミソリ、シェービング、ヒートカッター、ワックス、クリーム、家庭用脱毛器等々。

 

脱毛方法 メリット デメリット
カミソリシェービング >

お金があまりかからない
短時間で処理できる

処理する回数が多くなる
カミソリ負けや色素沈着などの肌トラブルのリスクがある

ヒートカッター 肌に負担がかからない シェービングよりもさらに頻繁に処理する必要がある
脱毛クリーム 痛みがない 

塗るだけなので手軽

表面の毛だけがなくなるだけなので、毛が目立ってくるのが早い
ワックス 毛は根元から抜けるのでクリームよりも毛の再生がゆっくり 痛みが強い
家庭用脱毛器 サロンで行われている光脱毛を家庭居ながらにしてできる コストが高い 

サロンのマシンよりも出力は弱めでもそれなりに肌トラブルのリスクはある

 

自分でアンダーヘアの脱毛をした後には必ず保湿を行うようにしてください。
また生理中はお肌がデリケートになっている期間ですから自己処理はしないようにしましょう。それと合わせて日焼けをした肌を脱毛処理することで肌トラブルが発生する危険があるので、自己処理は控えるようにしてください。

 

家庭でするセルフケアは、お金をそんなにかけないで好きな時に手軽にできるという良さがある半面、肌に負担をかけたりアフターケアをしっかりできないなどお肌のトラブルを招きやすいという短所もあります。
そういった自己処理のリスクを考えるならサロンやクリニックでVIO脱毛することも考えてよいのではないでしょうか。
特に、自己処理が面倒な方、肌がデリケートで肌トラブルが起きやすい方は、脱毛プロであるサロンやクリニックにお任せるのがおすすめです。
昔の脱毛は毛穴にハリを指して電気で焼くニードル脱毛という大変痛い脱毛でしたが、今のサロンやクリニックでは光脱毛やレーザー脱毛を行っているので痛みも軽くなり料金も手頃になってきていますから、一度無料で受けられるカウンセリングに足を運んでみると良いと思います。

 

札幌市内にある脱毛サロンのほとんどは無料でカウンセリングを受けることができます。

 

 

関連ページ

エステサロンのクーリングオフはできるか
エステサロンとけいやくはしてみたものの、やっぱりやめたくなったということがあるかもしれませんね。理由としてはいろいろあると思いますが、そこでクーリングオフが可能なのかどうかということだと思います。
効果はどれくらいで出てくるの
VIO脱毛の効果には個人差がありますので、決まった物差しはありませんが、一つの目安として覚えておくとよい事柄です。
デリケートゾーンの医療脱毛の回数
Vライン、Oライン、Iラインを美容外科で医療脱毛する場合は、どれくらいの回数を契約したら好いのでしょうか。個々の毛の状態が違いますから一概にははっきりと決めることはできません。
VIO脱毛ならエピレのファーストプランが最適
VIO脱毛を初めてやろうする人にとって不安はとっても大きいともいます。それは痛みだったり恥ずかしさだったり、札幌ではエピレがVIO脱毛が格安で安心してできるサロンです。
Vラインの下は効果が出にくい
VIO脱毛をしている時に、どうして同じ回数をやっているのに部分ごとで効果の出具合に差が出てしまいます。特に1ライン周辺はその傾向が強いようです。
VIO脱毛は痛いという評判だからどうしようか迷います
VIOはデリケートな部分でもあり、見られる恥ずかしさだけじゃなくて、その強烈な痛みがあるということで脱毛をしたくても、躊躇してしまうという女性も結構な人数がいるようですね。
札幌人気サロンVIO脱毛クチコミ
札幌市内にある人気の脱毛サロンで、実際にVIO脱毛をしている方たちのサロンや実際の施術に関して感想、痛みや効果などの口コミを集めてまとめてみました。
VIO脱毛を札幌のサロンでするメリット
夏が近づいてくると札幌でもVIOの脱毛したいと考える女性の方も増えてきますね。VIOの脱毛をする利点やその他の問題についてこのページでは考えて行きたいと思いますね。