クーリングオフ制度の利用

脱毛サロンのクーリングオフ

脱毛サロンに通っている、これから通いたいと考えている方に是非知っておいてもらいたいのが「クーリングオフ」です。
なんとなく耳にした事がある言葉ですよね?^^
札幌脱毛サロンでVIOコースのお高い契約をお勧めされて、その時は良いかなと思って契約したけど家に帰って考えてみたらやっぱりやめたい・・・となった時にクーリングオフが使えます^^

解約したい

国民生活センターのホームページによると「クーリングオフとは、契約した後頭を冷やして冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することが出来る特別な制度のこと」

だそうです^^
詳しく見てみると全てに当てはまるわけではなくて脱毛サロンでは期間が1ヶ月以内、金額が5万円以ではクーリングオフの対象外になってしまうそうです。
これは法律的な事ですが多くの脱毛サロンでは5万円以下でも適用しているようなので、契約書や利用規約は面倒でもしっかり目を通すようにしましょう^^
無料のカウンセリングの際、スタッフの方に確認するのもいいかもしれません。
さらに!知っておかなければいけないのはクーリングオフはいつでも出来るわけではありません。
契約日から8日以内と法律で決まっています。
契約日を「1日目」と考えるので気をつけましょう^^
クーリングオフの手順については国民生活センターのホームページに詳しく載っているので参考にして下さい。

 

注意点

脱毛サロンで正式契約をする時に気をつけたい重要事項があるのです。
まずは、見積額なんです。脱毛サロンの見積りは技術料のみの書き入れしかないケースがほとんどです。
ボディケア経費や、備品代等がプラスされることもありますから、契約を交わす場合はきっちりとトータルの見積をしてください。とツッコミを入れることが大切であると言えます。
次いで留意する点は、自分自身がやって貰う脱毛プランに有効期間があるか、チケット制だったら当該のチケットの適応期間もあるのかについて確かめることが不可欠です。
妊娠が判明して急に長い期間通うことができなくなった際にストップ可能か、さらに、中途退会やキャッシュバックが可能かどうかもチェックすることが欠かせません。
そしてクレジット決済の場合、一回も脱毛に通うことが出来なかった月も引き落とされるケースがありますから気を付けなければいけません。
個人的な都合のみならず、混雑していて予約できない等お店側の理由で施術を受けることができないことだって様々予想できるで、そんな時の決済の有る無しなんかも見落とさないでください。