VIO脱毛処理の痛みが心配

VIOが痛い訳

口コミや知り合いの情報からもVIOの脱毛は凄くいたいという話を良く聞きます。
痛みを軽くする
実際は、他の部位に比べても痛いという感じる方が多いようです。
それはVIOのようなデリケートゾーンは毛が太くて毛量も多いからなんです。
つまり光脱毛やレーザー脱毛は黒い部分に反応するので、毛が太くて毛の量が多い部分はどうしても痛み強く出てしまうのです。
でも、その痛みも軽減させる方法も存在しています。

 

先ずは、生理の前後や体調が悪い時には痛みが強く出る傾向が強いようです。
整理の前や後に脱毛をやった人は、今まで以上に痛かったという感じるようですね。
ですから、生理の前後には脱毛を避けるという人も結構います。
また、施術部位を冷却することで痛みは感じにくくなります。
VIO脱毛をスタートした初めの頃は毛の量が多いですし太い毛ばかりなので痛いのは確かなのですが、施術を何度か行っていくと少しずつ毛の量も減っていき薄くなっていきます。それと同時に痛みもなくなっていくものなのです。
痛みをどのように感じるかは、現実には個人差があるようです、札幌市西区のある女性は「ほんの少しチクチクしたけれど痛いとは感じませんでした」と、一方札幌市厚別区のOLさんは「針で刺されたみたい」と痛みを表現しています。
でも札幌でVIO脱毛するほとんどの人は多少の痛みを我慢しながら脱毛しています。

 

VIOの痛みについて語る女性

札幌市内のサロンやクリニックでは肌を冷やしながら施術をしてくれるので痛みはそんなに感じなかったという人もいます。

どうしても痛みに我慢できないとか、弱いという人は麻酔を遣うという方法もあります。
麻酔を使うの医療行為になりますから、脱毛サロンではできません。
もし麻酔を希望されるのなら美容外科で脱毛することが条件です。

 

最後に、札幌にある良いサロンやクリニックになると施術の際に、スタッフの方が必ず声をかけながら施術をしてくれます。
受ける側からすると緊張して痛みへの不安がある状態のときに、「痛くないですか?」とかマメに声かけをしてくれると、安心しますし、少しは痛みの軽減にもなるようです。

 

 

万が一VIO脱毛をすることになって、痛みに耐えられなくて途中でやっぱり解約しようと考えたときは直ぐに解約できるのかどうかも心配ですよね。
中途解約できるかどうかはサロンごとに違いますので、カウンセリングの際に聞いておくと良いでしょう。
大手の脱毛サロンの殆どは途中で解約できて残りの分も返金される場合が多いです。

 

VIOのケアはどうしていますか?

札幌のVIO脱毛事情を調べてみた

デリケートゾーンの自己処理ってみんなはどうしているのでしょうか?他人はちょっと聞きづらいデリケートな部分ですよね。

自分でするのも手間がかかるし、自分で確認できない部分や手の届きにくい箇所もあったりするからやっぱりきちんとしてお手入れの方法を知りたいと思うのも当然のことでしょう。
普段から顔のケアは毎日手をかけてやっているのは当然のことですが、ことVIO周辺のケアとなるとほとんど人はそれほど手をかけていないのではないでしょうか。
実はVIO周りは体の中もで角質の層が最も薄い部分なのでとってもデリケートなのです。顔の角質が7,8層なのに比べてVゾーンはわずか5層ほどしかないのですからいかに繊細な部分であることが理解できると思います。
VIOゾーンもしっかりとしたケアが必要なのです。

 

VIOのお手入れは顔のケアにも似ています。汚れや臭いが気になるからできるだけ綺麗にしたいので洗浄力の強い石鹸でゴシゴシこすって洗うのはもってのほかです。できればデリケートゾーン専用の石鹸を使い、手のひらで十分にあわ立てて指の腹を使いながらやさしく撫でるように洗うのがコツになります。
また熱いお湯で洗うのはお肌に刺激を与えてしまいますからダメです、38度くらいの温めのお湯が最もVIO周辺を洗うのに適している湯温です。
VIOラインは乾燥しやすい箇所ですから、入浴やシャワーのあとには保湿も怠らないようにしましょう。

 

デリケートゾーンのケアの一つとしてVIO脱毛がありますが、VIO脱毛は見た目の印象がよくなるというメリットの他にも衛生面でもメリットがあります。アンダーヘアを処理することでデリケートゾーンが衛生的に保たれると言う利点もあるのです。