黒ずみがあってもVIO脱毛できるの

黒ずみがあるとVIOの脱毛ができないと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?
デリケートゾーン周辺に黒ずみがある方は、自分はVIO脱毛したいけれど「黒ずみがあるから無理だ」「諦めている」という方もいるかもしれませんね。
黒ずみがあっても脱毛の方法によっては問題なくサロンやクリニックで脱毛ができるのです。
ひょっとしてご存じないかもしれませんが、黄色人種である日本人女性のほとんどには黒ずみがあります。

 

黒ずみの原因

では黒ずみの原因について少しだけ見ていきましょう。
VIOあたりは体の中でも特にデリケートな部分なのでちょっと刺激でも黒ずみができやすい箇所であるのです。
その一番手は下着や生理用品など直接お肌に触れるものでこれが肌に刺激を与えることでメラニン色素が過剰に生成されてしまい黒ずみができやすくなっていくのです。
ストッキングやジーンズなどもデリケートゾーンの肌を締め付けることになるので摩擦が発生してしまうので黒ずみが気になる方はできるだけ控えたほうが無難です。
締め付けの強いスキニーパンツや矯正下着などを身に着けている女性は特に黒ずみができやすい可能性があるので注意が必要です。
またその他にもカミソリや毛抜き等のセルフケア、黒ずみの部分をこすり過ぎてしまったりすることも肌を刺激します、このようなことを繰り返すことで黒ずみになるリスクあるのでお勧めできません。
加齢やその他の要因で新陳代謝が低下するとターンオーバーが乱れてしまい黒ずみを増やしてしまう原因になるのです。

VIOの黒ずみ

 

サロンやクリニックで行われている医療レーザー脱毛や光脱毛は黒色に反応して脱毛する仕組みになっているので、色素沈着を起こしている肌にも反応してしまいやけどのリスクがあるのでできないケースがあります。
でも最近は、黒ずみがあっても脱毛が可能である脱毛マシーンが導入されていますので、そういったサロンやクリニックであればVIOに黒ずみがあっても脱毛できるになりました。

 

サロンやクリニックでVIOの脱毛をして少しずつ毛が薄くなっていけば、それまでは毛に隠れて見えなかったVラインや0ライン、iラインの黒ずみが目立ってくるので気になっている方がけっこういます。
デリケートゾーンの黒ずみケアは、専用のクリームやケア用品を使うのがおすすめです。
黒ずみをケアするためのクリームやケア用品はドラッグストアーにたくさんの種類のものが売られていますし、インターネットの通販ではドラッグストアーにないものまで手に入ります、またネット上には実際にケア用品を使った感想などがたくさん出ていますから、そういった口コミを参考にしてみると良いでしょう。

 

黒ずみ対策

もう一つ黒ずみ対策として考えなければならないのは、すでにできてしまった黒ずみを目立たなくすることはもとより、黒ずみを予防することも大切になります。
予防するための一つの方策は保湿です。
お肌の保湿は肌が持つバリア機能を強化してくれるので黒ずみの予防効果が期待できます。
乳液やローションを使ってお肌の保湿をしっかり行いましょう。
そしてもう一つはビタミンCの補給です。ビタミンCは黒ずみの原因になるメラニンの生成を抑えたり新陳代謝を活発化する作用があるとされています。
ビタミンCをたくさんの含んでいる食品は、野菜ではブロッコリーやホウレンソウ、フツールではイチゴ、キウイ、オレンジなどです。
普段からこのような食品を積極的に食べるようにすれば黒ずみの予防にもつながっていくはずです。